終活そして唄

”歌は世に連れ世は歌に連れ”なんていうけれど、オジジの人生で、

感動した歌にめぐり会ったものを3つ紹介します。

 

オジジの青春時代、とりわけ15~16歳の時に吉田拓郎の”親父の歌”の歌詞で

”オヤジが全てだなんて言いませんよ。ボク一人でやった事もたくさんありましたよ。

1つだけ言ってみたいのは『オヤジが人を愛する事を教えてくれた。

オヤジは悲しいくらい一人ぽっちでしたよ。』”と。

オジジも結婚して子供が大きくなって恋愛した時に実感しました。

 

次に感動したのは青春まっさかりの19歳頃、今でもすごい歌詞だと思う。

いずみたくシンガーズが歌っていた”青春とはなんだ”の挿入歌

”涙は心の汗だ。たっぷり流してみようよ”のところ。

涙イコール心の汗。なんてすごい表現だと感動した。

 

そして最近の感動作。64歳になりそろそろ終活を考える年齢になり

感動した曲。吉幾三の”ありがとうの唄”の歌詞。

”ありがとうと言えるような最後であればいい。お前にも子供にもすべての人達に”と

自分の人生の最後に後悔のない、感謝の気持ちを言えるように

残された時間を生きて行きたいと思う今日この頃です。

 

パッケージ・包装機械の事なら何でも当社へご相談ください。

ネーム:オジジ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です