「若年性認知症」と「もの忘れ」

高齢化の進展で認知症の患者が増加している。

最近では64歳以下の非高齢者での若年性認知症も増えているという。

若年性認知症で最も多いタイプは脳梗塞などによる脳血管性認知症で

全体の4割弱を占めているそうです。

今のところ認知症を根本的に治す治療法は無いという。

早期に発見して進行を遅らせる事や諸症状の改善は可能との事。

人間の記憶は短絡的に記憶する海葉に入り長期的に記憶に残す為に

前頭葉に送られ記憶が保存されるそうです

忘れる内容について、いわゆる「うっかり・ど忘れ」と加齢に伴って

時々起こる物忘れと分類され周囲が指摘しても思い出せない時は要注意である。

予防のカギは、脳梗塞・高血圧症・糖尿病といった生活習慣病による

血管が痛めつけられ発生する事が多く、つまり生活習慣病予防のための

規則正しい生活を心がける事が大切だそうです。

いずれは我が身です!!

配偶者からソッポを向かれないように・・・

 

節分やバレンタイン用の資材のご用命は株式会社サトウ包装資材へ!

ネーム:ノロマな亀

岡田様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です