国際試合の恐ろしさ

みなさ~ん こんにちは。

いよいよ、札幌にも雪が積もり一面、白の世界となりました。

皆様は、いかがお過ごしでしょうか。

降雪の季節がやってまいりましたね。

11月8日(日)から始まりました、国際野球大会のプレミア12の大会は

予選を侍ジャパンがB組全勝で通過したにもかかわらず、

決勝トーナメント準決勝でまさかの9回表に4点を取られ、

韓国に逆転負けを期してしまいました。

日本ハム大谷投手が、7回まで1安打ピッチングでしたので

当然8回も場合によっては9回まで投げるのではと思っていましたが、

8回に交代して、9回にまさか4点も取られるとは、

国際試合のトーナメントの恐ろしさを見ました。

せめてもの救いは、3位になった事ですね。

この経験を生かし次は優勝してくれると信じております。

皆さんどう思いますか?

 

じぇじぇでした

高屋様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です