ジェネレーションギャップ

祝日の文化の日には札幌でも初雪が降りいよいよ冬を感じる季節になってきました。

こんな季節の変わり目にあった何気ない会話聞いてください。

 

毎週金曜日は、私と「たっち」で千歳・苫小牧・白老・室蘭の

お客様を訪問する日帰り出張に出かけます。

社内でさまざまな会話をするのですが、私が白老川を見て言った一言が

意外な反応に・・・

 

私「ホッチャレが岸に上がってるわ!」

たっち「・・・・・・?」

私「ホッチャレ!」

たっち「・・・・・・?何?」

私「ホッチャレ!」

たっち「ホッチャレって・・・何?」

そうなんです!「ホッチャレ」知らないんです。

ちなみにホッチャレとは産卵を終えて力尽きた鮭の事なのです。

DSC_0335 - コピー

 

この季節、岸に打ち上げられている光景を私は普通に見てきているわけです。

たっちの年代では見ていない・・・!

それを知らない・・・!!

その後、訪問先のお客様にもこの話をしましたが、20代~30代の人達は

ほんとうに知らないんです。

こんなところで年代の違いを感じるなんて・・・。

自分の思いもしないところで感じるから「ジェネレーションギャップ」なんでしょうけども、

ちょっぴりショックな出来事でした。

 

≪幅広い年代、幅広い商品に対応致します!オリジナルパッケージ・

包装資材・包装関連商品お気軽にお問合せください≫

(株)サトウ包装資材 ネーム:syacho

 

岡村様

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です